• h-tateishi

食虫植物の魅力に「あっ」とする。「Circulus 循環するものたち」展に行ってきました。



動物とは、植物とはなんでしょう。

その境界はどこにあるのでしょう。


ちょうど最近「キノコは植物というよりも動物に近い」とかニュースで見たのですが、植物の不思議に興味がムクムクと芽吹いてきた今日このごろ。

偶然にもこんなキモチにフィットする企画展が始まったので、さっそく行ってきました。



場所は浜松市曳馬中学校を西に向かい、高架をくぐった先にあるギャラリーあ

こちらは普段は天野寛志建築計画事務所という建築事務所ですが、ギャラリーとして不定期に企画展を開催されています。

今までも、わたしたちのたべもの展としてトマト大根を取り上げた企画展。世界の赤ちゃんが食べている離乳食を扱ったFOOD & BABY 世界の赤ちゃんとたべもの展など、他のギャラリーとはちょっと違った目線で生活に身近なモノコトを展示・紹介される企画が多いので、我が家でもマメにチェックしています。



今回の企画展は「Circulus 循環するものたち」展

Circulusと辞書で引くとラテン語で円という意味があるそうです。

地球の自然が永い年月をかけて進化した循環は、人間が2択で語れるほど容易ではなく複雑に絡み合っています。

人間の線引きした基準「動物」「植物」という二択に相反するような、動物のような植物=食虫植物。

その世界に存分に惹き込まれます。



地面から水を吸い光合成をし、そして食虫植物は虫も食べます。

人が考える常識とは逆をいくようなその生命体は、見た目も個性的でちょっとエロティック。

肉体を感じさせる様なシルエット、うねる血管のような模様、ツヤっとした肌、毒っ毛のある表情。

こう言ってはなんですが、僕が虫なら寄り付いてしまうのもわからないではない…。

パクッ!! あっ食べられたっ!! …おっと、妄想してしまいました。



食虫植物と言えば、ハエトリグサやウツボカズラが割とポピュラーだと思うのですが、会場ではその種類や虫の捕食方法の多彩さに驚きます。

この食虫植物を展示・販売するのは、静岡県袋井市出身の植物コーディネーターmadogiwaさん。

自宅には食虫植物を始め、さまざまな植物に囲まれて暮らしているとか。

モノを言わぬ植物との対話。ここから何が産まれてくるのでしょう。

instagramには不思議な植物の写真がアップされているので、覗いてみてその世界を想像するのも面白いです。



「Circulus 循環するものたち」展の会期は7月11日(日)まで。

火・水・木はお休みですのでご注意ください。


会期中、焼菓子モモさんの米粉のヴィーガン焼菓子が販売しています。

そちらも一緒にお楽しみください。


植物という視線を通して、生きるということ。

生命力の神秘を見せつけられたような企画展の紹介でした。



ギャラリーあ 「Circulus 循環するものたち」展


会期/2021年6月26日(土)〜7月11日(日) [close 火・水・木]

時間/月・金 16:00〜20:00/土・日 13:00〜18:00

会場/[ギャラリー あ] 天野寛志建築計画事務所1F

住所/浜松市中区曳馬5-4-65/遠州鉄道曳馬駅より徒歩5分/駐車場6台



58回の閲覧0件のコメント